matsuyuki48の海釣り日記

海釣りの小ネタとか・・・

第一精工のサンドポール

何年か前に投げ釣り用にサンドポール1号を4本購入したが、この時は1号か2号にするか迷った結果、1号を選択した。

1号を選んだ理由として、2号は錆に注意が必要な事が挙げられる。

子供の頃、年に何回か釣堀でヘラブナ釣りをする時に、サンドポール2号を竿受けとして使っていた。

ある日、サンドポール2号の中に水が入ったまま気付かず放置していたのを使おうとした時に、赤茶色の錆で汚れた水が継手部分からドバドバ出てきた嫌な思い出が頭をよぎった。

何故サンドポール2号の中に水が大量に入っていたのか分からないが、サンドポール2号で水を使った遊びでもしたんかな?

また、サンドポール2号は継手部分が膨らんでいるので、複数本を束ねるとかさばるのも気になった。

と、言う事でしばらくの間はサンドポール1号を使っていたのだが、その使い勝手に疑問を感じ始めた。

1号の道具としてのシンプルさは好きなのだが、長さが固定(1,110ミリ)なのでチョイ投げで使う長さ3メートル以下の竿に対して長く感じ始めた。

昨年、ステップワゴンからセレナに乗り換えたのだが、収納に不都合を感じる様になったのも大きな動機となった。(詳細は後述)

 

と、言う事で今回はサンドポール2号を購入した。

税抜き¥480。

まだ実釣で使っていないので、次回の砂浜釣行が楽しみだ。

 

★サンドポール1号と2号(縮めた状態)

f:id:matsuyuki48:20180612105456j:image

サンドポール1号は1,110ミリ

サンドポール2号は仕舞寸法810ミリ

1号のシンプルな佇まいは好みだが、長くて持て余す。

 

★サンドポール1号と2号(伸ばした状態)f:id:matsuyuki48:20180612105442j:image

サンドポール2号の全長は1,300ミリで、伸ばせば1号よりも長くなる。

但し、こんなに伸ばして使う予定は無い。

精々1,000ミリ位までしか伸ばさないと思う。

 

★C27セレナのラゲッジルーム
f:id:matsuyuki48:20180612105448j:image

セレナのラゲッジルーム(荷室)に2号と1号を置くとこんな感じ、2号は置き場所を選ばないが、1号は荷室の幅いっぱいで、手前(車体後方)にしか置けない。

 

★C27セレナのラゲッジアンダートレイ

f:id:matsuyuki48:20180613165603j:image

荷室の下にはけっこう大きなアンダートレイ(荷室)があって非常に便利でセレナ購入のポイントになった。

2号は収まりが良いが、やはり1号は場所を選ぶ。

 

★C27セレナのラゲッジアンダーボックストレイ
f:id:matsuyuki48:20180612105500j:image

C27セレナにラゲッジアンダーボックスに専用トレイを装着するとサンドポール1号は入らない。

専用トレイはキズ・汚れからラゲッジアンダーボックスを守ってくれるし、下に新聞紙を敷いて置けば多少の水濡れ程度なら荷室に臭い臭いが付かずに済む便利なアイテムなのでオプション購入したが、荷室の有効容積はかなり減るのが難点だ。

車載スペースを節約したいので2号の方が便利だ。