matsuyuki48の海釣り日記

海釣りの小ネタとか・・・

道糸はナイロン3号

当家ではサビキ釣り、ウキ(遠投)サビキ、胴突き、チョイ投げ、サヨリ遠投カゴウキ、タチウオのウキ釣りなどの釣りをするが、ほぼ全てナイロン3号の道糸でやっている。

釣り方によっては2号を使いたかったり、4号やもっと太いラインを使いたくなるが、道具が増えるのが嫌なのでとりあえずなんでもナイロン3号でやってしまう。

 

使用しているナイロン道糸はダイワ、ジャストロンDPLS3号ピンクを愛用。

f:id:matsuyuki48:20180601171714j:image

500メートルのボビン巻きラインで、ネットで購入すると大体¥800くらいの廉価ライン。

商品名に付いてるDPLSは平行巻きの事で、メーカーホームページの商品紹介では、

「平行巻(DPLS)だから直進性が良く、糸本来の品質を維持」との事。

ボビンにピッチリと綺麗に巻かれていて、ラインが真円に近く、初期のヨレが無く使いやすい。

「糸グセがつきにくくしなやか」との事。

たしかに糸グセが付きにくく、柔らかめでスプールへの馴染みも悪くないと思っている。

f:id:matsuyuki48:20180601171901j:image

この道糸はウキ止め糸が滑りやすく思うので、ウキ止め糸は2個付けが必須となっている。

 

★サビキ釣り

オモリは上カゴでも下カゴでも8号がメインで、ナイロン3号が使いやすい。

道糸が2号では頼りなく、4号では潮の影響を受けやすく釣りにくい。

★ウキ(遠投)サビキ

足元のサビキ釣りと同じく、下カゴでも上カゴでもオモリ負荷8号のウキを使う。

遠投するのでナイロン4号以上が欲しいところだが、ソフトなキャストを心掛ければナイロン3号でも可能、但しラインの傷には要注意。

ナイロン4号だと巻きグセも気になるし、潮流の影響も受けやすくなってしまうので、多少の強度的心許無さはあってもナイロン3号の方が使い勝手が良いと思う。

★胴突き

オモリは3〜8号を使用、ナイロン3号で疑問を感じたことは無い。

★チョイ投げ

5〜8号のオモリを潮の流れや飛ばしたい距離に応じてキステンビンで付け替えている。

5〜8号のオモリでナイロン2号を使うとキャスト時に心許無く感じるので、ナイロン3号を使う、飛距離もナイロン2号とそんなに変わらないように思う。

流れの速い所では10〜12号のオモリで軽く投げてあまりさびかない、ブッコミ釣りになる。

 

追記:今年の若狭湾での釣行でPEラインを使ったけど、やはり良く飛ぶし感度が段違いだな、風の強い時はラインがふけるので好かんが、風の無い日のPEラインは最高やな。

 

サヨリの遠投カゴ釣り

大きなカゴウキや連玉ウキが風の影響を受けやすく、ナイロン3号だと仕掛けを遠投する時に横風に流されたり向かい風に押し戻されたり、釣り辛い場合がある。

ナイロン2号だと仕掛けを捌きやすいが、カゴウキの重さに負けて道糸が伸びて合わせを吸収してしまう感じで合わせにくい。

★タチウオのウキ釣り

ナイロン3号で特に疑問を持った事はない。

タチウオは結構しっかり合わせを入れるが、磯竿3号で合わせ切れはした事が無い。