matsuyuki48の海釣り日記

海釣りの小ネタとか・・・

サヨリカゴ

サヨリの遠投カゴ仕掛けのサヨリカゴは人それぞれ好みがあると思うが、私も色々試して遊んでいる。

関東の方で有名なスーパーサヨリンは見た事が無い。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074558j:image

私のサヨリカゴ達。

ほとんどの場合、左端のサヨリカゴしか使っていない。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074607j:image

がまかつサヨリカゴ。

傷んだので補修しているが、ウキとカゴとオモリはそのまま使用している。

スーパーボールでは無く、木玉のウキでカゴの中に1号程度の丸玉オモリを仕込んでいて、自重があって良く飛ぶし、視認性も高い。

一番使用頻度の高いサヨリカゴだが、木玉ウキが大きく水の抵抗もあり、重たいので合わせが入れにくい。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074612j:image

がまかつサヨリカゴ。

こちらも傷んだので補修している。

上の物とは違って、ウキが発泡スチロール製でカゴの中にオモリも仕込まれていない為、自重が軽く飛距離は劣る。

その代わりに合わせは入れやすい。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074646j:image

自作のカゴ、スーパーボールとプラスチック製サビキカゴを使った一体型。

軽い分、飛距離は出にくいが合わせは入れやすい、スーパーボールの視認性は良くない。

もっと大きくて濃い色のスーパーボールにすれば良さそう。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074631j:image

市販のサヨリカゴセット、メーカーは忘れた。傷んだので補修している。

関西でサヨリカゴ仕掛けを買うと大体この手が多い。

スーパーボールとロケットカゴがヒモ(糸)で通されている。

仕掛けが絡み易いのであまり好きでは無い。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074639j:image

自作のカゴ。

硬質パイプを使用した中通し式のカゴだが、カゴの側面の窓部分からしかアミエビを入れられない。

カゴとスーパーボールの浮力バランスが悪く、着水後にスーパーボールが見えにくい。

使いにくいのでお蔵入りだか、今年のシーズンに再評価してみる。

スーパーボールの視認性を上げればそれなりに使えるかも?

 

f:id:matsuyuki48:20180503074725j:image

市販品のカゴ。

フロートとカゴが一体になっていて、着水すると格子状(カゴ)の部分が反転して中のアミエビが出る仕組み。

中通し式のカゴで、アタリが竿先までダイレクトに出るのは良いが、着水時の衝撃でアミエビがドバッと一気に飛び散るので、長い距離を引きながらアタリを待つ釣り方には適さない。

中に白のナイロンカゴを追加したが、やはり着水時にドバッとアミエビが出てしまうのでお蔵入りになった。