matsuyuki48の日記

主に防波堤釣りに関する事

業務スーパーのフリーザーバッグ

釣り場で釣果を分別してクーラーボックスに入れておく為に、フリーザーバッグを業務スーパーで購入、業務スーパー神戸物産)のプライベートブランド商品と思われる。

大サイズ(28cm×26cm)20枚入りで税抜¥148、中サイズ(20cm×18cm)25枚入りで税抜¥97も有ったが今回は購入せず。

★パッケージ正面

f:id:matsuyuki48:20171126213324j:image

しっかりとした厚さの紙で出来た外装、安っぽい感じはあまり感じない。 

 ★開封、中身と箱

f:id:matsuyuki48:20171126213331j:image 

記入スペースとして、「内容」「日付」「メモ」の3ヶ所が用意されている。

 ★スペック

f:id:matsuyuki48:20171126221409j:image

大サイズで28cm×26cmとなっているが、実測はジッパー部を含まずに、縦28.5cm、横26cmだった。

本家ジップロックとほぼ同じ大きさと言える。

 

厚さは0.065mmで、本家ジップロックの0.06mmよりも厚さで上回る。
100均のストックバッグは物によって厚みがない為、魚の背びれで容易に穴が空く。

フィルムの厚みは大事な要素だ。
ジッパーは一重しかないが、フィルムの厚さがある為か閉じやすい気がする。

 

耐冷温度は−20℃で本家ジップロックの−70℃には遠く及ばないが、一般的な冷凍庫で使う分には差し支えはないだろう、と言うよりは釣り場に持っていく用なので、そのまま冷凍庫に入れたりはしない。

家に持ち帰って、鱗取り・ワタ出ししてから本家ジップロックに入れて冷凍庫に入れるのが無難。

 

本家ジップロックは耐熱温度100℃、こちらは耐熱温度の表示無し。

どちらも「電子レンジ加熱には使用しないで下さい」とあるが、「電子レンジ解凍は可能」なのでややこしい。

 

🔵2017年12月18日追記

フリーザーバッグ(中)も購入。

仕掛けやキビナゴなどを入れる為に使用する予定。

 

 ★パッケージ正面

f:id:matsuyuki48:20171218175346j:image

★開封、中身と箱

f:id:matsuyuki48:20171218175355j:image

★スペック

f:id:matsuyuki48:20171218175404j:image

フリーザーバッグ(大)との比較

f:id:matsuyuki48:20171218175412j:image