matsuyuki48の日記

主に防波堤釣りに関する事

チョイ投げ天秤

我が家で使っているチョイ投げ天秤達。

主力は清光商店の弓型キス天秤だが、ヤマシタのキス天秤K型に切り替えようと思っている。

オモリ固定式の天秤の方が飛距離は出るが、収納しにくいし、重さを何種類も揃えようとすると荷物が増えるので、オモリ交換式を好んで使っている。

★清光商店 弓型キス天秤

f:id:matsuyuki48:20180601210512j:image

f:id:matsuyuki48:20180621051759j:image

定番のキス天秤、3本入りで¥220くらいと安い。

サイズ展開も豊富だが、いつも12㎝ばかり使っている、チョイ投げでは仕掛け絡みの少なさと根掛かりの少なさのバランスが取れているのが12㎝のように思っている。

アームがビヨンビヨンしなるのでオートフッキングしそうな気がして使っているが、ピンピンギス(ピンギス以下)のアタリは分かりにくい。

★ヤマシタ キス天秤K型

f:id:matsuyuki48:20180621051223j:image

f:id:matsuyuki48:20180621051535j:image

最近買った天秤、2㎝程の誘導範囲がある。

まだ実釣で使ってないが、使い勝手が良ければ今後の主力チョイ投げ天秤として採用予定。

★ササメ フレキシブル天秤

f:id:matsuyuki48:20180601210536j:image

f:id:matsuyuki48:20180601210547j:image

スナップサルカンでは無く、ヨリモドシだけの仕掛けでも、緑のパイプをズラせば取付け出来るのは便利かも。

アームの長さが5㎝と7㎝の2バリエーションしか無いので、10センチとか12㎝ぐらいが有れば良いのにと思う。

チョイ投げの他にもカゴ釣り天秤やウキ釣りの三つ又として使えるとの事だが、カゴ釣り天秤としては短いと思う。

★メーカー不明 固定L字天秤

f:id:matsuyuki48:20180601210602j:image

多分、ナカジマの投げテンマジックと思う。

L字天秤は飛距離が出るし、絡みが少ないので一応釣り場に持っていくが、一度アームを開いたらタックルボックスに仕舞いにくい。

何度かアームを畳むと折れてしまう。

色んな号数を分けて用意するとかなり荷物が増えるので、今有る分を消耗したら補充はしない。

ハヤブサ 立つ天秤スマッシュ

f:id:matsuyuki48:20180601210615j:image

海底で仕掛けが立つタイプで、オモリ部分の裏側にアームを収納するミゾが切られており、アームを折りたためて便利。

「浮き上がりが早く、底切れが良いので根掛かり激減」との事だが、ズル引きしてると根掛かりしやすい印象、1個@200位と高い割にロスト率が高めなので最近出番無し。

底が粗めの場所だったから別の場所で使えば評価も変わるかも知れない。

 

 

 

釣行記録20180527 若狭湾

2018年5月27日(日曜日)

今年初釣行で若狭湾に向かった。

4:15頃に釣り場に到着。

当日は4:45頃に夜明けで、常用薄明であり桟橋に向かうのに照明は要らない明るさになっていた。

先行者は居るが皆さんエギングの方ばかりで、我が家以外はサビキ釣りは居らず、いつも入る場所にすんなりと入れた。

義父と義母にはサビキ釣りをしてもらい、私は胴突きをしたりブラクリ投げたりしてたが全然アタリが無い(・_・;

この桟橋は藻の多いところではあるが、足元は藻が切れていてサビキ釣りをする分には不自由はしない筈だった。

だが当日は流れ藻が多く、釣り座が湾の入り口なので流れが複雑で何度も藻が行ったり来たりして仕掛けに絡みまくりで、かなり心折れる展開となった。

サビキ釣りでは小グレとチビメバルが釣れるくらいで、胴突きではアオイソメにはアタリが無く、オキアミにするとフグパラダイス🐡になる、心折れた(;ω;)

イシゴカイでチョイ投げをするが、桟橋周辺では藻が多くやりにくいしアタリも無い。

義父と義母にはサビキ釣りを継続してもらって、少し離れた岩場とその向こうの砂浜をチョイ投げでサーチする事にした。

 

チョイ投げタックルはロッドがダイワのクロスビート864TMLFS、リールはエアノスXT2500、PEラインはシマノワープロ0.8号、12㎝の片天秤に5号のナスオモリ、仕掛けはキスR7号の3本針。

 

岩場の方も藻がキツく、直後に木が生い茂って投げにくいが、藻の切れ目の砂地に仕掛けを落とすと15㎝くらいのキスが2匹釣れた、居る所には居るな^_^

だがキャストしにくい岩場で、狭い砂地目掛けて釣れと言うのはファミリー向きでは無い。

砂浜は後ろも開けていて、藻も殆ど無いので釣りやすいが、何の変哲も無い砂地なのでポイントが絞りにくいというマイナス面もある。

 

釣れるかどうか不安を抱きながら砂浜に出て、まずは強めにキャスト、50メートルくらいは飛んだかな?せっかく色分けライン使ってるのに飛距離の確認しない悪い癖。

 

初投で8センチくらいのピンギスが釣れた。

その後2匹を追加して、一旦家族の所へ戻ってサビキ釣りを撤収して砂浜へ向かう。

 

じきに家族にもアタリが出るがなかなか続けて数が出ない、サイズも10cm以下が多く、アタリが有ってもなかなか針に乗らない。

キスR7号かキス競技用8号を使っていたが針が大きすぎるようだ。

アタリが有ったら十分に食わせの間を取れば針掛かりするが、ワカサギみたいなピンギスを釣るには大きすぎる針だった。

「ピンギスは釣らないようにする」とカッコ付けて大き目の針しか使ってないが、ファミリーフィッシングは釣らなければ楽しく無いので私の縛りプレイで貧果に終わるのは本意では無い。次回からは競技用キスの6号、又はエサ付けしやすいキス専用(流線形)の6号で仕掛けを作る事にする、まだ大きいけどあまりに小さい針はエサ付けし難いので・・・

 

結果として家族8人で6本の竿を出した結果シロギスが60匹程度の釣果となった。

天秤とオモリのチョイスや針の本数、号数など反省材料ばかりの釣行であったが、ボウズで無くて良かった^_^

 

 

ハヤブサの小アジ専科079は夜光ビーズだった

タックルベリーの中古で購入したハヤブサ

「小アジ専科079」

★パッケージ正面

f:id:matsuyuki48:20180616125536j:image

「釣れる条件を凝縮したベストセラー」

やる気のある謳い文句が中央に配されている。

標準小売価格は¥350、実売価格¥300程度。

高い!普通は¥150以下のサビキ仕掛けしか買わないので新品では買えん、中古で見かけたら買う。

ハリス(幹糸も?)はシーガー、安心のフロロカーボン。

小アジ針7号に対してハリス1号、幹糸3号。

枝5㎝、枝間25㎝、全長1.75m。

枝が3cmなら完璧な私好みのバランス。

エダスに夜光玉付いてないから枝5㎝でも垂れないかな?フロロカーボンだし。

ナイロンハリスで5㎝の枝だと垂れるし縮れるしロクな事がない。

★裏面の説明

f:id:matsuyuki48:20180616202853j:image

★針部分拡大

f:id:matsuyuki48:20180616202339j:image

針先は鋭くスキンの巻きも綺麗で良い。

チモトに施されたホワイト・ピンク・ブルーの3色のビーズも綺麗。

だがエダスに夜光玉が付いて無いのが、夜光玉信者の私には残念だった。

「夜光玉付いてないから夜釣りには使わんけど、昼間使うか。」

「これのビーズが光ればええんやけどな・・・」

と思い、UVライトをダメ元で照射する。

「コイツ、光るぞ!・・・」

ただのビーズだと思っていたが、蓄光して光っている、しかもグリーン・ピンク・ブルーの3色で!!

なんと言うことか!完璧やんけ!

夜光玉が無い分針の踊りも良さそう、夜光玉信者やけど、夜光玉付いてると針が垂れて幹糸に絡むんよね。

これは釣れた、もう釣れるしか無い。

高いのでおいそれとは買えないけど7号以上の中アジ(18〜20センチ位が私にとっての中アジ)狙いの仕掛けなら新品でいくつか買っておいても良いかも知れない。

次回釣行が楽しみです。

★3色に光るビーズ

f:id:matsuyuki48:20180616194151j:image

第一精工のサンドポール

何年か前に投げ釣り用にサンドポール1号を4本購入したが、この時は1号か2号にするか迷った結果、1号を選択した。

1号を選んだ理由として、2号は錆に注意が必要な事が挙げられる。

子供の頃、年に何回か釣堀でヘラブナ釣りをする時に、サンドポール2号を竿受けとして使っていた。

ある日、サンドポール2号の中に水が入ったまま気付かず放置していたのを使おうとした時に、赤茶色の錆で汚れた水が継手部分からドバドバ出てきた嫌な思い出が頭をよぎった。

何故サンドポール2号の中に水が大量に入っていたのか分からないが、サンドポール2号で水を使った遊びでもしたんかな?

また、サンドポール2号は継手部分が膨らんでいるので、複数本を束ねるとかさばるのも気になった。

と、言う事でしばらくの間はサンドポール1号を使っていたのだが、その使い勝手に疑問を感じ始めた。

1号の道具としてのシンプルさは好きなのだが、長さが固定(1,110ミリ)なのでチョイ投げで使う長さ3メートル以下の竿に対して長く感じ始めた。

昨年、ステップワゴンからセレナに乗り換えたのだが、収納に不都合を感じる様になったのも大きな動機となった。(詳細は後述)

 

と、言う事で今回はサンドポール2号を購入した。

まだ実釣で使っていないので、次回の砂浜釣行が楽しみだ。

 

★サンドポール1号と2号(縮めた状態)

f:id:matsuyuki48:20180612105456j:image

サンドポール1号は1,110ミリ

サンドポール2号は仕舞寸法810ミリ

1号のシンプルな佇まいは好みだが、長くて持て余す。

 

★サンドポール1号と2号(伸ばした状態)f:id:matsuyuki48:20180612105442j:image

サンドポール2号の全長は1,300ミリで、伸ばせば1号よりも長くなる。

但し、こんなに伸ばして使う予定は無い。

精々1,000ミリ位までしか伸ばさないと思う。

 

★C27セレナのラゲッジルーム
f:id:matsuyuki48:20180612105448j:image

セレナのラゲッジルーム(荷室)に2号と1号を置くとこんな感じ、2号は置き場所を選ばないが、1号は荷室の幅いっぱいで、手前(車体後方)にしか置けない。

 

★C27セレナのラゲッジアンダートレイ

f:id:matsuyuki48:20180613165603j:image

荷室の下にはけっこう大きなアンダートレイ(荷室)があって非常に便利でセレナ購入のポイントになった。

2号は収まりが良いが、やはり1号は場所を選ぶ。

 

★C27セレナのラゲッジアンダーボックストレイ
f:id:matsuyuki48:20180612105500j:image

C27セレナにラゲッジアンダーボックスに専用トレイを装着するとサンドポール1号は入らない。

専用トレイはキズ・汚れからラゲッジアンダーボックスを守ってくれるし、下に新聞紙を敷いて置けば多少の水濡れ程度なら荷室に臭い臭いが付かずに済む便利なアイテムなのでオプション購入したが、荷室の有効容積はかなり減るのが難点だ。

車載スペースを節約したいので2号の方が便利だ。

タチウオのウキは2点発光が便利

タチウオのウキ釣りをしていると、食い上げのアタリに気付かず急にウキが横走りをする事がある。

慌てて合わせを入れたつもりでも、竿先に重みを感じないので、「???」とリールを巻いて行くとガツガツとアタリが来て更に慌てて合わせを入れたら素針を引いてしまう。

大体この場合、慌てて大合わせするので仕掛けが勢い良く水上に飛び出して、ウキが空を飛んでしまうので大変恥ずかしい。

 

タチウオは食いが立ってくると、エサを咥えた後に上昇してくるが、自立棒ウキや円錐ウキを使っていると食い上げのアタリに気付きにくい。(以前は自立や円錐ウキを常用していた)

ウキをジッと眺めて真面目に釣っていれば微妙な変化も気付けるのかも知れないが、ズボラな私はよそ見したり食べたりしているので、ウキから目を離している時間が結構長く、ウキの微妙な変化(流れてたウキが止まるとか、少しだけポコッと浮き上がるなど)には気付かない。

 

非自立の2点発光棒ウキなら食い上げのアタリが出てウキが寝ると、縦並びだった光点が横並びになるので容易に判断できる。

また、通常のアタリも見やすく、波風に揉まれている場合もわかりやすい。

人が多い場合もあまり使っている人が少ない2点発光は目立つので、自分のウキを見失わない、目を離している間にウキが無くなってたらアタリで沈んでると判断する。

 

風の強い時や飛距離重視なら中通しウキや自立式棒ウキを使いたくなるが、天気予報で風が弱い予報の場合はこの2点発光しか持っていかない。

 

★ハピソンの2点発光

f:id:matsuyuki48:20180610044718j:image

★1号、2号、3号の大きさ比較
f:id:matsuyuki48:20180610044722j:image

 

 

業務スーパーのキッチンクロス

釣行時のタオルとして業務スーパーの「キッチンクロス」を購入、10枚入りで税込み¥410。

 

以前、ダイソーの「キッチンクロス」を購入したが、生地が薄くて使いにくかったので本品を試す事にした。

 

業務スーパーの「キッチンクロス」

f:id:matsuyuki48:20180604061047j:image

f:id:matsuyuki48:20180604061104j:image

 

★中身

f:id:matsuyuki48:20180604061113j:image

赤と緑が3枚、青と黄が2枚、合計10枚。

高くても良いので、各色同じ枚数で12枚にして欲しかった。

 

★広げてみた

f:id:matsuyuki48:20180604061123j:image

41㎝×29㎝位、表記よりも少し大きいのは洗って縮む事を想定してるのかも?

 

★生地の厚さ

f:id:matsuyuki48:20180604061146j:image

ダイソーの「キッチンクロス」に比べると、生地の目が細かく、厚みもあってしっかり手を拭ける。

洗濯後の乾きも早くて使いやすい。

但し、ダイソーは@27でこちらは@41なので、ダイソーの方が安い。

 

 

足裏サロンパス

足の裏が火照って眠れない・・・

2年程前からそんな日が多くなった、男の更年期か?

ネットで足裏サロンパスを知って、サロンパスを購入した。

サロンパスA、140枚入り

f:id:matsuyuki48:20180601205959j:image

★正面

f:id:matsuyuki48:20180601210016j:image

★裏面

f:id:matsuyuki48:20180601210028j:image

★開封

f:id:matsuyuki48:20180601210044j:image

f:id:matsuyuki48:20180601210104j:image

f:id:matsuyuki48:20180601210122j:image

中には20枚入りの袋が7個入っていて、開封した袋を入れる為の保存袋が1枚付いている。

サロンパスの大きさ

f:id:matsuyuki48:20180601210157j:image

4.2cm×6.5mとの事で、大体そのくらい。

 

★使用例

f:id:matsuyuki48:20180601210211j:image

足裏が荒れているので失礼。

砂浜の砂が靴の中に入り込んだまま釣りをしていたので摩擦で荒れてしまった。

指の付け根が特に火照るのでそこに1枚、土踏まずに1枚、貼ってすぐにヒンヤリとして気持ちいい。

朝まて貼って寝ていると、指の付け根の鈍痛が軽くなっている、足裏サロンパス効果抜群です!

 

今まではサロンパスの代わりに病院で処方された「モーラスパップ」をハサミで切って使用していたが、寝る前に足裏に貼って朝起きた時に剥がそうとすると、シップ剤が足の裏に張り付いて残るので拭き取りが面倒くさかった。

サロンパスは綺麗に剥がれる。

モーラスパップ

f:id:matsuyuki48:20180601210229j:image

モーラスパップ

f:id:matsuyuki48:20180601210243j:image

モーラスパップ

f:id:matsuyuki48:20180601210257j:image