matsuyuki48の海釣り日記

海釣りの小ネタとか・・・

エレコムのUSB HUB購入(U2HS-MB02-4BBK)

microUSBコネクタに対応したHUBが後々必要になりそうなので、エレコム USB2.0 microUSB U2HS-MB02-4BBKを購入。

microUSB対応だが、USB変換コネクタが付いてるので、普通にパソコンのUSBコネクタでも使用可能。

 

f:id:matsuyuki48:20190707101906j:image

4ポートHUB、4ポート有れば充分だろう。

f:id:matsuyuki48:20190707101935j:image

ケーブルの長さはこんな感じ

f:id:matsuyuki48:20190707101944j:image

USB変換コネクタは一体型(?)なので、無くす心配は無さそう。

f:id:matsuyuki48:20190707101953j:image

変換コネクタを付けるとこんな感じ

f:id:matsuyuki48:20190707102003j:image

本体裏側

f:id:matsuyuki48:20190707102020j:image

対応するスマホなど

f:id:matsuyuki48:20190707102041j:image

f:id:matsuyuki48:20190707102117j:image

f:id:matsuyuki48:20190707102104j:image

裏面の説明書

サンディスクのUSBメモリ(SDCZ48-016G-J57)購入

 サンディスクのUSBメモリ(SDCZ48-016G-J57)を購入。

 Windows10のインストールメディア作成用なので16GBの容量にした。

 インストールメディア用なら8GBで充分だが、価格差がほとんど無いので8GBを選択するメリットは無い。

 ノートパソコンのUSB2.0コネクタに挿すと約12MB/ sec程度の書き込み速度だった。

 先日、Windows10とUbuntuのインストール時に使ってみたが、DVDメディアより格段に高速だし、最新版のインストールメディアが直ぐに作れるし、USBメモリはOSインストールに欠かせなくなった。

 

f:id:matsuyuki48:20190706171536j:image

黒光りがカッコイイと思うが、ゴキブリにも似ている。

中央下部のボタンみたいなのを押し下げながら前方へスライドさせてUSBコネクタを出す。

f:id:matsuyuki48:20190706171456j:image

コネクタを出した状態。

f:id:matsuyuki48:20190706171504j:image

コネクタを格納した状態

f:id:matsuyuki48:20190706171512j:image

裏面、真ん中のグレーのスペースに用途とかかくんやろか?

SSD購入 CFD CSSD-S6B480CG3VX

 SSDを購入。

 価格comの売上ランキングで2位の、CFD販売CSSD-S6B480CG3VXを購入した。

 容量480GBのSSDが6千円以下で買える時代になったとは・・

 CFD販売は過去にパソコン本体のメインメモリを何度か買ったが不具合は出た事が無いので、私としては安心のメーカー(販売店)だ。

 HDDの使用率がやたらと高く、OS起動やソフトの動作が重くてストレスフルになったノートパソコンの換装用途だ。

 

f:id:matsuyuki48:20190711071811j:image

f:id:matsuyuki48:20190711071819j:image

f:id:matsuyuki48:20190711071804j:image

 パッケージは至ってシンプル
f:id:matsuyuki48:20190711071815j:image

 パッケージの中にはブリスターパック(?)にSSDだけが入っている。f:id:matsuyuki48:20190711071807j:image

f:id:matsuyuki48:20190711071822j:image

 SSD本体もシンプルだが、シールは丁寧に貼られている。

 

 早速SSDに換装して、Windows10の新規インストール。

初めてUSBメモリからのインストールを行ったが20分も掛からずにインストール完了で感動した。

Windowsの起動も換装前は1分以上掛かって、ログオン以降もHDDへのアクセスが集中して動作がもっさりしていたが、SSDへの換装後は10〜15秒でログオン出来て、その後もアプリの起動とかあらゆる動作がキビキビと見違えた。

 

クリスタルディスクマークのベンチを取ってみたが、違いすぎて参考にならない。

f:id:matsuyuki48:20190711085148j:image

換装前のHDDのスコア

f:id:matsuyuki48:20190711085201j:image

換装後のSSDのスコア

ネスレ ボトルヌカ

アミエビの汁を吸わせるのにヌカを使っているが、ネスレのコーヒーのビンに入れている。

 

以前は、スーパーのビニール袋に入れてたが、アミエビと混ぜる時に風が吹いてしまうと「ブァッ!」と舞い上がって眼に入ったりする。

中身が少なくなったのを地面に置いてて、袋ごと風に巻き上げられて盛大にヌカをまき散らしたりもするので、重さのある容器のほうが都合が良い。

ヌカは虫が沸きやすいが、ビンだと外に虫が出ないので安心^_^

 

f:id:matsuyuki48:20190629054857j:image

 

f:id:matsuyuki48:20190629054907j:image

 

TEAMのmicro SDカード

台湾のTEAMというメーカーの micro SDカードを購入。

 

f:id:matsuyuki48:20190704170940j:image

 

手持ちのmicro SDカードと簡単に書き込み速度の比較として、エクスプローラ上で1.06GBの音楽フォルダをノートPCのHDDからコピーする速度を比較した。

 

結果は、

★Team32GB(class10)

SDスロット 52秒

USBアダプタ 1:22(82秒)

★ADATA4GB(class4)

SDスロット 3:52(232秒)

USBアダプタ 3:54(234秒)

となった。

 

手持ちのカードと比べて約4.5倍高速だった。

この SDカードが税込650円で買えるとは良い時代になったもんだ。

 

ダイソーの「アクティブネックタオル」

汗かきな私の夏場の(夏場以外でも)釣りに必須な首タオル。

普通に首から掛けてると風で飛んで行ってしまうので、Tシャツの中に入れるのだが首元がモコモコ暑苦しい。

たまたまダイソーで「アクティブネックタオル」なるものを発見し、「ウォーキングなどのスポーツ時に」とのキャッチコピーに惹かれて購入。

f:id:matsuyuki48:20190621181044j:image

何種類かあったが、生地がシャーリングの物を選んだ。

f:id:matsuyuki48:20190621181140j:image

タオルの片端がリング状になっていて、その中にもう片端を通して使用する。

f:id:matsuyuki48:20190621181147j:image

コットン100%で肌触りは悪くない。

サイズは11×80cm。

f:id:matsuyuki48:20190621211047j:image

f:id:matsuyuki48:20190621211056j:image

身長140cmの息子に装着。

中々いい感じ、首元の日焼け防止にも良さそう。

 

 

 

 

ダイソーで「日よけうでカバー」購入

腕の日焼け対策にダイソーの「日よけうでカバー」を購入。

スポーツタイプのアームカバーは持っているが装着感がキツめで血行が悪くなりそうな気がする代物なので、ユルめに装着できる物が欲しかった。

長いのが欲しかったが、60cmの超ロングタイプは真っ黒な奴ばかりで暑苦しいので、48cmのネイビーの物を選んだ、これでも肘上までカバーできるみたいやし。

 

f:id:matsuyuki48:20190621174548j:image

写真では黒っぽく見えるが、実物は霞んだネイビーだ。

f:id:matsuyuki48:20190621174611j:image

キシリトール加工」の意味が分からんのでネットで調べたら、キシリトールには吸熱反応による冷感効果があるそうな。

f:id:matsuyuki48:20190621174619j:image

袖口にワンポイントが付いてるが、コレが「ネイビータグ」なのか?

f:id:matsuyuki48:20190621174629j:image

成分はポリエステル100%

f:id:matsuyuki48:20190621174913j:image

長さは大体48cm、カタログスペック通り。

f:id:matsuyuki48:20190621175608j:image

親指を通して装着すると手首が緩くて余る。

f:id:matsuyuki48:20190621175632j:image

48cmで長さ的には半袖シャツの袖口の辺りまでカバー出来て充分。

60cmだとノースリーブ用かと思われ。

f:id:matsuyuki48:20190621175642j:image

親指を出さずに装着した方がスッキリした感じになる。親指を通す穴はうでの内側にしないと丸い日焼けが出来そう・・

f:id:matsuyuki48:20190621180231j:image

クシュクシュ気味に装着するのが良い感じ。

あんまりキシリトールな涼感は感じないなぁ・・

装着感はキツくなくユルくなく、目的は達成して満足、あとは実釣での使用感がどうだろう?

楽しみである。

 

折損 ホリデースピン(泣)

我が家の唯一の投げ竿、シマノ ホリデースピン335JX-TS、先日、和歌の浦漁港へ釣行時に折損してしまったΣ(・□・;)

 

f:id:matsuyuki48:20190617205228j:image

 

キャスト時ではなくて、釣り座の移動時に折ってしまった。

風が強い中、仕掛けをブラブラさせたままの竿を息子が持って移動している途中、針がズボンに引っかかってしまった結果の折損と思われる。

これは息子のせいでは無く、適切な処理をせずに運ばせた私のミスだった・・

 

買ってからまだ2回目の釣行での折損に意気消沈したが、腐ってもシマノ、安物でもシマノ、パーツを取り寄せて修理する事に。

 

#1のブランクスとトップガイドを注文した。

 

f:id:matsuyuki48:20190617182119j:image

 

f:id:matsuyuki48:20190617182127j:image

 

トップガイドは再利用しても良いが、ライターで炙って外したときに接着剤が溶けて中にこびりついてしまい、穂先に挿しにくくなるのが嫌なので毎回新しいトップガイドも注文している。

今回は折れた穂先とトップガイドを海に落としてしまったので、どの道トップガイドを注文しなければならない。

入りにくくなったトップガイドを無理矢理押し込んで、買ったばかりの替ブランクスを折ってしまった事がある∑(゚Д゚)

まぁ、新しいトップガイドでもブランクスに挿す前にブランクスの表面の塗装をカッターナイフでゴリゴリ落としてやらないとスムーズに入らないし、接着剤の効きも悪くなりそうな気がする。

 

近所のフィッシングエイトで注文。

パーツは土日を挟まず、工場にパーツがあれば大体3日くらいで届くのがいつものパターン。

チョイ投げ仕掛けの長さについて

 チョイ投げ仕掛けを自作するときは、3本針をサルカン側から30cm/30cm/30〜40cmの間隔で、90〜100cmの全長にしていた、エダスの長さは2.5〜5cm程度。

 仕掛けは100均で購入したビニール袋に丸めて入れているが、前回の片男波海水浴場での釣行時に、袋から仕掛けを出す時に絡んでしまう。

 仕掛けの全長もエダスも長すぎるんちゃうか?

波打ち際で揉まれて絡む事も多いので、仕掛けの長さを見直す事に。

9フィート台のルアーロッド使うなら短い方が投げやすいし。

 

 サンプルとして、20/25/25(全長70cm)と25/25/30(80cm)の2パターンの仕掛けを自作。エダスが長いと絡みやすいので3.5cmにした。

f:id:matsuyuki48:20190606032936j:image

 

 次回釣行時に使い勝手をテストしたい。

 

★追記(20190623)

実釣で使用してみたが、やはり少し短い分キャストしやすいし、仕掛け絡みも少なくなったように感じる。

食いへの影響は分からないけど、トラブルで時間を食うよりは多少のアタリの減少があったとしても手返しが良くなる方を優先したい。

100cmと70cmの仕掛けでは全然扱い易さが違う、またエダスを短くすると仕掛け絡みが解きやすくなる。

エダスは今後3cm以内でやってみようと思う。

釣行記録20190519和歌山 片男波海水浴場

さて、今シーズンの初釣行は何をしようかと釣果情報を探ったところ、今年はキスの釣れ出しが早い感じなので、チョイ投げをチョイス。

昨年は同じ時期に若狭の美浜へ赴いたが、サビキが不発で、チョイ投げでピンギスばかりだったので、今年は和歌山方面へ向かう事にした。

チョイ投げが不発ならサビキをしようかと考えていたので、和歌の浦漁港および隣接する片男波海水浴場への釣行となった。

この周辺には田ノ浦や雑賀崎といったフィッシングマックスの釣果情報で有名な釣り場がある。

★釣り場周辺

f:id:matsuyuki48:20190602042438j:image

 

2時過ぎに家を出て、約1時間で釣具屋に到着。

午前3時過ぎに入店したが、結構客が多い。

この人達は何を釣りに行くのだろうか?

少なくともチョイ投げでは無さそうだ、青岸や水軒でタチウオでも狙うのだろうか?

アミエビはフィッシングマックスの冷凍チューブのストックが有ったので、イシゴカイを¥1,500だけ購入。

あらかじめパックに入ったイシゴカイを買ったが、生きが良くなく針に付ける時に切れやすい感じだった。

 

コンビニで食料を確保して、4時前に和歌浦漁港に到着したが、まだ辺りは暗く、明け方狙いでもヘッドライト位は用意すべきと反省。

4時20分からは照明無しで手元が見えるようになったが、家族6人分の竿の準備は中々手間が掛かる。

 

4時50分、第1投で豆アジが釣れた、投げ釣りで豆アジを釣りたい訳では無いが、マキエ無しで釣れるならサビキ釣りをすれば爆釣かな?

豆アジ爆釣は処理が大変なのでとりあえずスルー、サビキの用意はして来たが、アミエビを使うと帰宅してからの片付けが臭くて面倒だし、チョイ投げでボウズになった時の保険なので、この時点ではサビキに移行しない。

 

数投した結果、漁港内は藻がキツくてチョイ投げはやってられないので浜へ移動する事にした。今の時期は釣り辛いだろうとは思っていたが、想像以上に藻が絡んでまともに引けない程だった・・・

f:id:matsuyuki48:20190602042721j:image漁港内の駐車場からマリーナ前の駐車場に停め直して片男波海水浴場へ移動。

f:id:matsuyuki48:20190602043234j:image

片男波海水浴場の浜は奥行きが深い上に、砂が柔らかいので移動の疲労が大きく、手荷物の持ち運びが大変だった。

海水浴場の奥からの砂は白くて柔らかいが、波打ち際は灰色の硬めの砂で、沖に行くと砂利っぽく感じた。

海水浴場の南側の浜や、北側の小さい浜もその様な感じで、海水浴場の白砂は他所から持って来たのではないだろうか?


海水浴場に出て比較的早いタイミングで1匹目が釣れたが、後がなかなか続かない・・

釣れれば型は良い(平均で16cmくらい)が、数が出ない。

 

f:id:matsuyuki48:20190602041745j:image

小6の次男が釣ったキス、釣れれば型は良いが数が出ない、本日の竿頭。

f:id:matsuyuki48:20190602042105j:image

中3の長男が釣ったキス、腹が大きい、子持ちかな?


片男波海水浴場はかなり広い砂浜だが、この日は人が多く、5〜6人が1度に釣れるだけのスペースは確保出来なかった。

せいぜい2人分のスペースに3人で入ったりせざるを得ないので、お祭りが頻発する。

南の端の辺りまで歩くとようやく広いスペースを確保出来たが、遠い・・

 

ウチの家族は砂浜での釣りに慣れておらず、波打ち際で揉まれた仕掛けが絡んでしまう。ここの海水浴場は少し沖に行くと深くなっているようで、波打ち際の波が結構大きくて仕掛けが揉まれてしまうのだ。

 

「アタリはあるけど中々乗らない・・」と嘆いていたが、おそらく沖の方が砂利っぽい感じでPEラインの感度が良い為に、底のゴツゴツをアタリと感じているようだ。

波打ち際で波が引いて行くときに、錘がゴトゴトと砂利の上を滑って行くと、竿先が引っ張られながらゴンゴンするので、私もアタリだと勘違いしてしまう。

本物のアタリが波打ち際で来たりするので、非常に紛らわしい。


いつも行く砂浜は遠浅で波が穏やかな浜で、砂も締まっていて歩きやすく、キスの型は小さいが釣りやすい。

だが、今日は勝手が違ってやりにくかったと思う、ポツポツとしか釣れない。

 

この日は柔らかい磯竿を使っていた子供達の方が釣果が良く、投げ竿やルアーロッドを使っていた大人は貧果だった。

 

10:30くらいまで海水浴場でチョイ投げをして、家族6人で25匹くらいの釣果となった。

 

一旦撤収となったが、海水浴場のかなり南まで釣り歩いた家族の疲労の色が強いので、私が1人で和歌の浦漁港まで戻って、海水浴場の駐車場まで車を持ってくる事にした。

海水浴場の駐車場は釣り場のすぐ裏まで車を持って来れるのが有り難い、砂浜は奥行きあるけど・・

今の時期は海水浴場の駐車場は9時からしか開いて無い、24時間出し入れ出来れば有り難いんやが・・

撤収の為だけに駐車場代500円は勿体ないが、家族の疲労を考えると仕方ない、私の釣行プランがキツ過ぎた・・

f:id:matsuyuki48:20190602044725j:image

 

その後は和歌の浦漁港に戻って、近くの飲食店で昼食となった。

釣りは貧果だったが、美味しいカフェレストランを発見できたのは良かった。

ピザとレモネードを戴いたがとても美味しかった。

f:id:matsuyuki48:20190602043659j:image

★レモネード、汗をかいて疲れた喉に心地よい^_^

f:id:matsuyuki48:20190602041131j:image

 

昼食の後は、「もう少しだけ釣ろう」という事で、海水浴場とは漁港を挟んで反対側の小さな浜へ行った。

f:id:matsuyuki48:20190602044021j:image

 

f:id:matsuyuki48:20190602044036j:image

ここへは、私と次男、妻と義母の4人で来た。

長男と義父は疲れて車の中で休憩。

海水浴場と比べて砂は灰色っぽい。

20分ほど釣りをして次男がキスを3匹釣ったが、大人はガッチョばかりで納竿となった。

 

6人で釣りをした割には貧果で、早朝はサビキ釣りをすれば良かったかな?

海水浴場へは駐車場が開く9時以降に移動すれば良かったかな?

と反省ばかりの釣行となった。