matsuyuki48の海釣り日記

海釣りの小ネタとか・・・

ケミホタル

ルミカのケミホタル「POWER太刀魚50」3枚セットを330円(税抜)にて購入。

 

f:id:matsuyuki48:20180928183420j:image

色はYELLOW


f:id:matsuyuki48:20180928183428j:image

 

f:id:matsuyuki48:20180928184313j:image

1枚にケミホタルが2本、ケミホルダーが1個、専用チューブが1本入っている。

ケミホタルは直径6ミリで、長さが50ミリ。

ケミホルダーは便利だが、道糸にキズが入る事があるので注意が必要。

チューブを半分に切ってケミホタルの上下を固定する方が糸に優しく、仕掛け絡みも少ないように思う。


f:id:matsuyuki48:20180928183425j:image

POWER太刀魚はYELLOWの他にもREDやORANGEが有る。

私もREDを買ってみたが、あんまり色の違いで食いが変わるかなんて分からないので、YELLOWの1色だけで十分だと思う。

他にBLUEとPINKも有るようだが、どうでも良いと思っている。

ケミの色まで考えて太刀魚釣りしてられない。


f:id:matsuyuki48:20180928183422j:image

こちらはダイソーのケミカルライト。

4本入って100円(税抜)、1本ずつ個装でチューブも1本ずつ入っている。

消費期限が短めで、まともに光らない物もあったりするので、本数は多めに持って行った方が良い。

光量に関してはPOWER太刀魚と比較にならないほど暗いが、ボンヤリと光って太刀魚の集魚ライトとしてはこちらの方が好みだ。

澄み潮の時に使うと特に思うが、POWER太刀魚は光り過ぎな気がしてならない。

ひどく濁ってる時はPOWER太刀魚の出番だ。

 

また、飛ばしウキサビキで夜釣りをする時にダイソーケミを着けると光量が不足して見えにくいが、POWER太刀魚は豊富な光量で見やすい。

むしろPOWER太刀魚は集魚ライトでは無く、夜釣りのサビキウキに使うべきだと思う。

太刀魚の集魚にはダイソーケミカルライトの50ミリか38ミリ位がちょうど良い気がしている。

ウキ止め糸

オーナーの「がっちりウキ止め」を税抜き269円で購入。

 

http://www.owner.co.jp/search/2024/

 

f:id:matsuyuki48:20180928183253j:image

f:id:matsuyuki48:20180930041843j:image

これまでは「細」と「中」を使用していたが、今回は初めて「太」を購入した。

ナイロン3号の道糸を使う事が多いので、初めてこの商品を買う時は適合道糸目安が1.75〜3.5号の「中」を選んだ。

実際に使用してみると、柔らかめの糸でしっかりと締まるが緩み易く感じる。

タチウオのウキ釣りでは1〜3号のウキを使うのでさほど問題にはならないが、飛ばしウキサビキでは8〜10号のウキを使うので、仕掛けが沈んでウキが立つ時の衝撃でウキ止め糸が段々とズレて来る。

また、ウキ下の調整を何度かやると緩んでくるので、爪で挟んで締め込み直すうちにバラけてほつれてしまう。

 

細い方がしっかりと締まるかと思い「細」を購入してみたが、摩擦抵抗が少ないせいか逆効果でズレ易い上に糸が細い為にウキスイベルを通り抜けてしまう事があった。

 

ならば太くしてみようと「太」を購入。

適合道糸目安が3.0〜6.0となっているので太すぎるかと思ったが実に丁度良い。

5回程巻きつけて締め込んだときの摩擦抵抗の具合が良く、ウキ止め糸2個付けにするとほぼズレてこなくなった。

 

「太」と「中」の比較
f:id:matsuyuki48:20180928183247j:image

 

その他のウキ止め糸
f:id:matsuyuki48:20180928183250j:image

上の緑色のウキ止め糸はYO-ZURIの「スーパーウキ止め」で適合道糸が2〜8号と幅広く、インナーロッド対応、PEライン対応。

http://www.duel.co.jp/products/sp_ukitome

かなり硬めの糸で強めに締めると緩みにくいので愛用しているが、下手に締めすぎると道糸がキンクしてしまう。また端糸を長めにするとスプールの中で道糸が引っかかってしまうのが、少し注意が必要な所だ。

 

下の赤いのはナカジマの「ウキ止めの糸 得用S」だったと思う。

特にダメと言う事は無いが、何故か使わない。

シーガー150

仕掛けを作るときに多用しているクレハのシーガー150。

150m巻きで実売1,200円程度のリーズナブルさがありがたい。

2018年9月に3号を買った時は税抜きで¥1,000ちょうどだった、安い!

f:id:matsuyuki48:20180830165715j:image

1.5号はサビキと胴突きのハリスに、2号はチョイ投げ仕掛けの幹糸に、3号はサビキと胴突きの幹糸に使っている。

1号と1.2号も欲しいが近くの釣具屋には置いてない。

 

f:id:matsuyuki48:20180928180526j:image

 

f:id:matsuyuki48:20180928180530j:image

パッケージの表と裏。

 

 

f:id:matsuyuki48:20180830171102j:image

スプール径は103mmで持ちやすい、150m巻きの船ハリスなどはスプール径が160mmでかなり大きくて釣り場に持っていく気にならない。

f:id:matsuyuki48:20180830171106j:image

オレンジのゴムバンドが付属する。

 

張りのあるラインなのでエダスに使いやすい。

kizakura(キザクラ)Sボール

キザクラのSボールを購入。250円(税抜)

スーパーボールに穴を開けてパイプを通したもので、サヨリのカゴウキの浮力体や連玉ウキの飛ばしウキなどに使用する。

真っ赤な色で、視認性が良さそうなのが気にいった、また通しているパイプも硬質パイプのようでしっかりしている、物によってはパイプがズレてくるものがあるが、これは大丈夫そうだ。

 

なので既存のサヨリカゴウキの浮力体をこれに変えてみる事にした。

自作のカゴウキの浮力体の色が薄くて遠投すると見えにくいので、交換してみることにした。

ボールの直径が22/27/32/38ミリの4サイズで、今回は32ミリを購入した。

f:id:matsuyuki48:20180818060841j:image

この大きさはサヨリのカゴウキに使うつもりで、ササメの「遠投ロケットカゴ」のスーパーボールと同じ位の大きさだ。

f:id:matsuyuki48:20180818060838j:image

と、思っていたがどうも大きい・・・
f:id:matsuyuki48:20180818060848j:image

「遠投ロケットカゴ」のスーパーボールは直径約27ミリでワンサイズ小さい、サイズを測ってから買えば良かったかな?

まぁ、大きい方が飛距離出るし、視認性も上がるし、とりあえずこれでやってみよう。

ハヤブサの「厳選魚皮カットハゲ皮」

 

ハヤブサの「名人の道具箱」シリーズの「厳選魚皮カットハゲ皮」のSサイズを購入。

定価が¥300、近所の釣具屋で¥276(税込¥298)で入手した。

 

f:id:matsuyuki48:20180813180728j:image


f:id:matsuyuki48:20180813180725j:image

S サイズは長さ30ミリくらい。

f:id:matsuyuki48:20180813180739j:image

Lサイズは長さ38ミリくらい。
f:id:matsuyuki48:20180813180732j:image

タイガー針の小アジ(胴打)6合の赤・金・白に結んだらこんな感じ。

針に対してS サイズのハゲ皮でも相当大きいなとずっと思っていたが、アジングで3インチのワームでもガッツリ食ってくる事を考えたら1.2インチ程度のハゲ皮を食わん筈が無いので要らん心配はしない事にした。


f:id:matsuyuki48:20180813180735j:image

水に濡らすとかなり透明な感じになってシラスっぽいくなる気がする。

水に濡らすとしなやかに揺れるハゲ皮と胴打ち針のキラキラとした感じといい、釣れる気がする、私の中ではもう大漁である。

タイガー針の投げ釣り仕掛け

 

タイガー針の投げ釣り仕掛けを購入。

 

f:id:matsuyuki48:20180731094517j:image

 

 

f:id:matsuyuki48:20180731221624j:image

ケン付流線3本針×2セット(白、白)

キスが好むという黄色のパイプが使用されている。

流線針は鋭く均一な仕上がり、カエシやケンもしっかりしていて素晴らしい。
f:id:matsuyuki48:20180731221628j:image

ケン付流線3本針×2セット(赤、金)

目立ちやすいピンクのパイプが使用されている。

ミックス仕掛けだが、金・赤・白の3本×2セットの仕掛けがあれば嬉しいんだが・・・
f:id:matsuyuki48:20180731221637j:image

競技用キス3本針×2セット(赤、赤)

競技用キスには赤針しかない。

ハリスは蛍光イエロー、キスが好む色らしい。

投げ釣り界隈ではキスにイエローやらピンクのハリスが効くとのウワサである、気になる・・・

 

★裏面の説明


f:id:matsuyuki48:20180731221633j:image

f:id:matsuyuki48:20180731221645j:image

 

タイガー針の「キス専用」

タイガー針の「キス専用」(白)を購入。

f:id:matsuyuki48:20180729085832j:image

f:id:matsuyuki48:20180729085836j:image

「流線ケン付き」よりもフトコロが狭く、ホームページの商品説明では、「キス専用に設計しています。キスが吸い込みやすい形状になっています」との事。

 

サイズは6号〜15号までの展開で、夏場のピンギス用に最も小さい6号を購入。

100本入りで¥530(税込)とお安い。

7号も欲しくなって来た。


f:id:matsuyuki48:20180729085826j:image

けっこうヒネリが効いてます。
f:id:matsuyuki48:20180729085829j:image

カエシは小さめでこれくらいの大きさの方が好み、大きなカエシは刺さりが悪くなりそうな気がしてしまう。

タイガー針の小アジ(胴打)6号 3色

タイガー針の「(赤)小アジ(胴打)6号」を購入、これで「小アジ(胴打)」の(赤)、(金)、(白)の3色が揃った。

(金)と(白)は一昨年買った物で、2色を配したサビキ仕掛けを作っていたが、(赤)も使ってみたくなった次第。

(赤)6号、100本入りで¥648(税込)とお安い。(白)6号は¥556、(金)6号は¥597。

郵便振込の手数料(ATMなら¥80)と購入金額¥3,240より安い場合は送料が掛かるが、今回は他に投げ釣り仕掛けと一緒に購入して「ゆうパケット」で¥170円で済んだ。

購入金額¥3,240以上で送料無料となる。

梱包も丁寧で良い。

f:id:matsuyuki48:20180728205851j:image

パッケージはシンプル。

f:id:matsuyuki48:20180729073430j:image

3色を並べると美しい。

f:id:matsuyuki48:20180729073449j:image

針先は鋭く、胴打ちが良く光る。

曲げに均一感が有り、チモトの叩きも綺麗で有名メーカーの針と比較しても何の遜色も無い。

有名メーカーの針先のフッ素コーティングとかは無いけど、刺さりは充分だと思う。

f:id:matsuyuki48:20180728205843j:image

針ケースに並べても美しい。

f:id:matsuyuki48:20180728210445j:image

f:id:matsuyuki48:20180728210442j:image

3色の針を配したサビキ仕掛けを作ってみた。

早く使いたい。

それにしても下手クソな仕掛けで情けない。

ハゲ皮はハヤブサの「厳選魚皮カットハゲ皮」の「S」を使っているが、6号のアジ針に対しては大きすぎる。

f:id:matsuyuki48:20180729091006j:image

もっと小さいハゲ皮が有れば嬉しいんだけど・・

次の購入時には8号の針を買ってサビキ仕掛けを作ってみたい。

 

エステーの「ゴム手袋」

エステーの「使い切り手袋 天然ゴム 極うす手」を購入。

家の片付け・掃除の為に買った物で、釣りに使うつもりでは無いが、釣りで使うならどんな感じになるか気になった。

 

f:id:matsuyuki48:20180725065038j:image


f:id:matsuyuki48:20180725065035j:image



f:id:matsuyuki48:20180725065029j:image

箱の横に中指の長さを測る目盛りが付いている。


f:id:matsuyuki48:20180725065042j:image

装着感としては、かなりピッタリとしている。まさに「うす手のゴム手袋」で、感触も普通のゴム手袋に近い。

私は男性としては手が大きく無い方だと思うが、「L」サイズの方が良かったかも知れない。

手首の辺りがダブつくのでもう少しフィットして欲しい、指先の感触が良いだけに残念だ。

内側にコーンスターチなどが付いて無いので、外した時に手に粉が残らないのが良い。

以前買ったプラスチック手袋よりも厚手で、刺しや切り裂きには強そう、魚のワタ取りの時に嵌めていれば手荒れを軽減出来そうな気がする。

 

 

使いきり手袋 天然ゴム 極うす手 M ナチュラル 100枚

使いきり手袋 天然ゴム 極うす手 M ナチュラル 100枚

 

 

 

ハヤブサ プラサルカン

サビキ仕掛けや胴付き仕掛けの作成用にハヤブサの「プラサルカン」の「M」を購入。

f:id:matsuyuki48:20180724204828j:image

サビキ仕掛けや胴付き仕掛けの幹糸にはいつもシーガーの3号を使っているので「M」(適合幹糸2〜6号)が丁度良い。

f:id:matsuyuki48:20180724205029j:image

10個入りで¥320(@32)と少々お高くて、6本針のサビキ仕掛けならこれだけで¥192も掛かってしまう。

普段のサビキ仕掛け作りには、ささめ針の「スーパー回転ビーズ」の「S」サイズを使用しているが、ビーズの穴に糸を通すのに難儀する、老眼だろうか?

f:id:matsuyuki48:20180724205521j:image

f:id:matsuyuki48:20180724205757j:image

家で仕掛けを作る時はまだ良いが、釣り場で針を交換するのが難しい。

屋外だと糸もビーズの穴も見えにくく、更に風の吹いている状況だとビーズの穴に糸を通すのが至難の技になってしまう。

このプラサルカンだと、ハリスの接続部分はサルカンなので見えないという事は無いので、簡単に結ぶ事が出来るし、自宅での仕掛け作りの際もビーズの穴が見えやすい。(サルカンの金具がビーズの中を貫通しているのが背景になって穴の位置が分かりやすい)

f:id:matsuyuki48:20180724204905j:image

付属のビニールパイプを切ってハリスに通してからサルカンにハリスを結んでから、サルカンにパイプを被せる事で、エダスに張りを持たせられるそうな。

f:id:matsuyuki48:20180723221721j:image

これで作ったサビキ仕掛けの使い勝手を早く試してみたい。

 

追記:20180729

ハゲ皮サビキ仕掛けを作ってみたけど、下手過ぎて泣けてくる。

エダスの長さを揃えられない・・・

f:id:matsuyuki48:20180729072613j:image