matsuyuki48の日記

主に防波堤釣りに関する事

サヨリカゴ

サヨリの遠投カゴ仕掛けのサヨリカゴは人それぞれ好みがあると思うが、私も色々試して遊んでいる。

関東の方で有名なスーパーサヨリンは見た事が無い。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074558j:image

私のサヨリカゴ達。

ほとんどの場合、左端のサヨリカゴしか使っていない。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074607j:image

がまかつサヨリカゴ。

傷んだので補修しているが、ウキとカゴとオモリはそのまま使用している。

スーパーボールでは無く、木玉のウキでカゴの中に1号程度の丸玉オモリを仕込んでいて、自重があって良く飛ぶし、視認性も高い。

一番使用頻度の高いサヨリカゴだが、木玉ウキが大きく水の抵抗もあり、重たいので合わせが入れにくい。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074612j:image

がまかつサヨリカゴ。

こちらも傷んだので補修している。

上の物とは違って、ウキが発泡スチロール製でカゴの中にオモリも仕込まれていない為、自重が軽く飛距離は劣る。

その代わりに合わせは入れやすい。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074646j:image

自作のカゴ、スーパーボールとプラスチック製サビキカゴを使った一体型。

軽い分、飛距離は出にくいが合わせは入れやすい、スーパーボールの視認性は良くない。

もっと大きくて濃い色のスーパーボールにすれば良さそう。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074631j:image

市販のサヨリカゴセット、メーカーは忘れた。傷んだので補修している。

関西でサヨリカゴ仕掛けを買うと大体この手が多い。

スーパーボールとロケットカゴがヒモ(糸)で通されている。

仕掛けが絡み易いのであまり好きでは無い。

 

f:id:matsuyuki48:20180503074639j:image

自作のカゴ。

硬質パイプを使用した中通し式のカゴだが、カゴの側面の窓部分からしかアミエビを入れられない。

カゴとスーパーボールの浮力バランスが悪く、着水後にスーパーボールが見えにくい。

使いにくいのでお蔵入りだか、今年のシーズンに再評価してみる。

スーパーボールの視認性を上げればそれなりに使えるかも?

 

f:id:matsuyuki48:20180503074725j:image

市販品のカゴ。

フロートとカゴが一体になっていて、着水すると格子状(カゴ)の部分が反転して中のアミエビが出る仕組み。

中通し式のカゴで、アタリが竿先までダイレクトに出るのは良いが、着水時の衝撃でアミエビがドバッと一気に飛び散るので、長い距離を引きながらアタリを待つ釣り方には適さない。

中に白のナイロンカゴを追加したが、やはり着水時にドバッとアミエビが出てしまうのでお蔵入りになった。

 

 

 

 

 

 

 

サヨリの針について

サヨリと名の付く針は各メーカーから販売されているが、その原型はだいたい袖針系か秋田狐系が多い。

稀にフトコロの広い鉤(海タナゴ?)があるが使った事がない。

秋田狐系はフトコロが狭く細長い形状なので、サヨリの小さい口に良さげなので使っていたが、近年はアタリの渋い時に気分を変えるくらいでしか使っていない。

秋田狐系はすっぽ抜けが起きやすく、針がかりした後のバラしも多いような気がする。

特に抜き上げ時にサヨリがバタバタと跳ねて落ちやすい、海面まで距離のある大阪湾の波止では使い難く、柵のある所ではポロポロ落とす。

袖針系の方がガスッ!としっかり刺さって、カエシも効いて、サヨリがバタバタ跳ねてもバラし難く感じているので、今は専ら袖針系を使用している。

 

f:id:matsuyuki48:20180501060303j:image

f:id:matsuyuki48:20180501060319j:image

ささめ針のサヨリ鉤は袖針系。

7本入りで定価¥170(@24)、近年のメインウェポン。

3号、3.5号、4号と揃えればシーズンを通して戦える。5号はよほど大きいサイズの時だけ使う。

 

f:id:matsuyuki48:20180501060327j:image

がまかつの手返しサヨリ、袖針の軸を延長したものらしいがキス競技用にも似ている。

長軸でサシエを刺しやすいので気に入っていたが、7本入りで定価¥200(@28.5)と少々お高いのと、渋い時にアタリが出にくいような気がして今年は2軍落ちしそう。

手返しサヨリの6号を持っていたが、大きすぎてサヨリ釣りでは一度も使う機会が無く、キス釣りに使用して消費した。

f:id:matsuyuki48:20180501060336j:image

オーナー針のサヨリ専用は秋田狐系。

10本入りで定価¥200(@20)とリーズナブルでハリスは赤ハリスだが効果はなんやろか?

近年は出番があまり無い。

 

★2本針仕掛け

f:id:matsuyuki48:20180502184611j:image

何年か前に登場した2本針のサヨリ仕掛け。

手前(道糸側)1本がスキンバケ仕様になっていてスキンバケにはサシエを付けずに使う。

ダブルでサヨリが釣れる時があり、バケ針の方が先に掛かる時もある。

カラバリのサシエが飛んでしまっている場合でも勝負になるのが良い。

 

f:id:matsuyuki48:20180502184642j:image

ささめ針の「お、サヨリOK!おまけ鉤」は2本針×3セット(6本)で定価¥300。

高いのと、仕掛けが絡むのと、アタリがボケる気がするので私はあまり使わないが、活性の高い時のダブルヒットは中々の快感。

 

f:id:matsuyuki48:20180502204935j:image

がまかつの「サヨリの素」は2本針×3セットで定価が分からないがささめよりは高い。

Mが袖針4号、Lが5号くらいの大きさ。

 

 

プラスチック手袋

介護用手袋を購入する機会があったので、釣り目的で使えるか考察。

ピジョン株式会社の介護用品ブランド「ハビナース」の「パウダー付きプラスチック手袋」のMサイズを購入。

100枚入りで価格は約1,000円。

左右両用でS/M/Lの3サイズ展開。

f:id:matsuyuki48:20180501195939j:image

 

f:id:matsuyuki48:20180501195951j:image

 

「内側のパウダー(コーンスターチ)により装着がスムーズです」との通り、装着はスムーズだが、手袋を外した時に手に付いたパウダーを落とすのが少し面倒くさい。(パウダー無しもあるらしい)

小柄な私はMサイズで丁度良かったが、手の大きめの男性はLサイズの方が良いだろう。

装着感としては程よく伸縮性があって手にフィットして物を掴む感覚とかは分かりやすい。

これと比較すると、以前試したポリエチレン製手袋は伸縮性が無くガバガバする。

耐久性については薄い割には丈夫で、魚の鱗や背びれなどに対する耐久性が高ければ使い勝手が良さそうな感じ。

 

気になる点としては、注意事項の最上段にアンダーライン付きで、

「食品の調理・医療行為・口腔ケアには、ご使用しないで下さい」

と記載されているので、魚のワタ出しには使わん方がええんかな(>人<;)

その他、注意事項がやたら多い(^◇^;)

f:id:matsuyuki48:20180501200002j:imagef:id:matsuyuki48:20180501200019j:image

チョイ投げの針について

 チョイ投げを始めた頃は無名メーカーの市販投釣仕掛けの流線針6号〜7号を使っていた。

 これらの無名メーカー仕掛けはメーカーによって流線針の大きさ(長さ)や太さがかなり違っていて、針先も鈍く、使い勝手が悪いものが多かった。

★上州屋の無名メーカー仕掛け

f:id:matsuyuki48:20180309194937j:image

 上州屋で購入していた仕掛け、3本×2セットが5枚入っている。

 針は「ケン付き流線」で、針の曲げに多少の不均一が見られるが、針先はそこそこ鋭く、何より安くて重宝した。

 近所の上州屋が閉店した為に現在は入手不可なのが痛い。

★ささめ針の仕掛け

f:id:matsuyuki48:20180309194952j:image

 ささめ針のチョイ投げ仕掛けの針。

針は「キス専用」で、針先が鋭く形も均質で曲げが美しい針だが価格も高い。

「キス専用」は「ケン付き流線」よりも線径が細く、ケンが付いていない。

 

その後は秋田狐6号やキスR7号で、2〜3本針の仕掛けを自作したが、不器用な私にとっては針が小さく虫餌を針に刺すのがやり難かった。

 なので、今年はキスR9号とキス競技用8号を使用する事にした。

 

キスRは他の方のホームページで、「ほぼ万能に使える」との記述があったで、汎用性を重んじる私にとって魅力的であった。

 キス競技用はタックルベリーの中古でたまたま見かけて購入。

 f:id:matsuyuki48:20180222234850j:image

f:id:matsuyuki48:20180222234900j:image

 

 キスR9号とキス競技用8号は大きさがほぼ同じで太さ(線径)も同じだが、形状は大きく異なる。

 キス競技用は袖針タイプで、袖針ほどフトコロが広くなく、針先は少しだけチモトに向かって内側に入っている。

ヒネリは無く、ストレートな針先となだらかなフトコロのRと長めの軸の為、エサ付けはし易い。

 キスRは狐針タイプで、オーナー針のウェブサイトによると、狐型と丸セイゴ型の特徴を併せ持ったタイプとの事。

針先がかなりチモトに向いていて、ヒネリも大きくキス競技用よりはエサ付けがしにくい。

 

あと2ヶ月くらいでチョイ投げ出来るかな?

楽しみだ。

ダイソーの「魚の餌箱」

 ダイソーで以前から気になっていた「魚の餌箱」を購入。

 作りが粗く長くは使えない感じがするが、木製の餌箱を釣具屋で買うと¥300円はするので、¥100円で買えるのはありがたい。

 ササクレがあるので、軽くサンドペーパーを掛けてから使った方が良いかもしれない。

 釣具屋で虫餌を買うと大抵はスーパーとかで揚げ物を入れる透明容器に入れてくれるが、夏場の釣りでこの容器に日が当たると温室効果が凄まじく、虫が速攻で茹でになって全滅するので虫餌を入れるのは木箱がオススメ。

また、透明容器は軽いのですぐに風に飛ばされてしまうので注意が必要。

 

f:id:matsuyuki48:20180309131815j:image

寸法は、124mm(W)×78mm(D)×45mm(H)。

f:id:matsuyuki48:20180309131846j:image

 中が汚いがどうせ虫を入れるとこなので問題無し。持ち手の紐は便利なのだろうか?

f:id:matsuyuki48:20180309131900j:image

 裏側はこんな感じ。

 隙間が適当にあるので、上から海水を掛けても箱の中に貯まらずに済みそうだ。

 購入時にバーキュミライトと一緒に虫を入れてくれるが、半日ほど経つとバーキュミライトが汚れた感じになる。

 洗ってバーキュミライトを捨てて、虫だけを木箱に入れて時々水に浸すようにすると長持ちするような気がする。

ハピソンの竿先ライト

 これまでは夜釣りで使う竿先ライトは緑色のケミホタル37を「鈴ホタル」に刺して使用していた。

 鈴ホタルは夜釣りにおいて音(鈴)と光(ケミホタル)の両方でアタリ(魚信)を知らせてくれる優れ物だ。

★鈴ホタルいろいろ

f:id:matsuyuki48:20180110211554j:image

 鈴ホタルは鈴がシングル(写真左)とダブル(写真中)がある。
 ケミホタルを刺すところの無い鈴のみ(写真右)もある。

f:id:matsuyuki48:20180222163905j:image

竿への装着イメージ、ケミホタルはルミカの物では無くダイソー製。

磯竿3号に取り付けたが、穂先が細いのであまり穂先側には取付できない。

また、ガイドが低いのでラインと干渉しやすい。

ちなみにこの鈴ホタル、鈴がダブルの物よりシングルの方が使いやすいと感じている。

鈴はシングルでも十分に聞こえる、ダブルだとうるさ過ぎる感じ。

また、ダブルの鈴だと鈴の重さの所為なのか締め付けが緩んで鈴が下向きになって、ラインと絡むトラブルが増えるような気がする。

 

 私は単独釣行は殆ど無く、3〜8名のファミリーフィッシング釣行がメインとなるが、例えば3本の竿出しで、その内の1本にアタリが出たとする。

 ファミリーフィッシングなので、自分以外に釣らせて楽しんでもらう為に、アタリの出た竿を指示するのだが、「真ん中の竿!」とか、「左の竿!」とか言っても家族が竿の方を見た時にアタリが出てない場合だと「どの竿??」となってしまう。

 昼間であれば「赤い竿」「短い竿」などと竿の特徴で指示出来るが、夜釣りでは竿そのものの特徴がよく分からなくなってしまう。

 

 そこで発光色を変えて発光色で指示したいのだが、ケミホタル37には緑と赤しか無い。

 試しに竿を2本出しにして実験してみたが、赤のケミホタル37の光量が足りなくて竿から10メートルも離れたら光が見えない。

 

 なので、ケミホタル以外の竿先ライトの購入を検討した結果、ハピソンの竿先ライトを購入してみた。

f:id:matsuyuki48:20171209085327j:image

発光色は赤・緑・橙の3色、青とか黄とか紫とかあれば良かったのにσ(^_^;)

f:id:matsuyuki48:20171209085444j:image

 電池は電気ウキでお馴染みのBR435なので、ストックの電池の種類が増えなくて良い。

 基本的に雨の日に釣りをしない方だが、雨が降った時の事を考えると防水なのは心強い。

 ハピソンは地元?の門真市殿島町の会社なので積極的に採用したいのもチョイスの理由^_^

f:id:matsuyuki48:20171228230744j:image

電池を入れて発光させたら明るい!!

マジで明るい!!

ケミホタル37とは段違いの明るさに感動した。

竿への取り付けはスポンジの部分をパチンと嵌めるのだが、開閉し難く竿先を折らないか心配になる、不器用なので(泣)

f:id:matsuyuki48:20171228230756j:image

LED発光部の差し込みは結構緩い感じがする。

LED発光部を上向きにすると、キャスト時に飛んで行きそうな気もする。

 

f:id:matsuyuki48:20180222163221j:image

竿への取付イメージ。

竿先ライトを3号の磯竿に装着すると穂先から30センチ位の所に付ける事になるが、穂先が柔らかいのでアタリを取るのには不自由しない。

このくらい離さないとラインとの干渉も心配。

鈴は別途装着。

ササメ サビキの王道

 f:id:matsuyuki48:20180102101018j:image

 タックルベリーの新品在処理で安くなっていたので(お義父さんが)購入。
ささめ針の「サビキの王道 ハゲ皮レインボー」

f:id:matsuyuki48:20180102100857j:image

 「喰いが違う」「驚く程喰いが立つ」「実績のある魚皮からサビキとして良い部分だけを切り取り、加工しました」など、釣れそうな謳い文句が素敵だ。

7号を買ったのでエダスの長さが5㎝、エダス間が25㎝となる。6号まではエダスの長さが3㎝でエダス間が、20㎝となる。

エダスが長いのは好きじゃ無いので、全部3㎝にして欲しかった。

ハリスと幹糸の太さのバランスは各号数とも私好みで良い。

 

f:id:matsuyuki48:20180102100958j:image

レインボー処理された艶艶のハゲ皮、チモトは「夜光ピンク」「夜光グリーン」「朱留」が2本ずつ、夜光留と朱留が両方あるのは嬉しい。

朱留も艶艶で昼間は良く釣れそうな感じ。

針は「アジ針丸軸」

返しは小さめで針先は少しだけネムリが効いたような形で好みだ、釣れそう。